新しいお仲間

 

 

長らくお待たせしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真名子です。

 

 

 

 

 

 

そっちじゃないわーい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カニーンヘン・ダックスフンドのお写真です

 

 

 

 

あーかわいい

 

 

 

 

ブレてても伝わる可愛さ

 

 

あーかわいい

 

 

 

 

 

そういえば先日の記事に「男の子」と書いてしまっていましたが

すみません、「女の子」の間違いです

 

 

 

 

ホームページのトップ画面に

詳細などを載せていますので一度ご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

そもそも

カニーンヘン・ダックスフンドって何ぞや。と

 

ミニチュア・ダックスフンドなら聞いたことあるぞ。と

 

 

そういう方は多いかと思います。

 

 

 

 

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが

 

 

 

一言で言うと「お」です。

 

 

 

 

 

 

すみません。本当に一言でした。

 

 

 

 

一言で言うと大きさの違いですね

 

 

見た目のサイズ感も違いますが

ちょっとした決まりがあります

 

それは胸囲が30センチ以下であることです

 

 

じゃあ30センチ以上は?

 

そうです。それがミニチュアなんです。

 

 

 

 

 

そしてさーらーに!

 

 

 

35センチ以上の場合も存在しちゃいます。

 

 

それがスタンダード・ダックスフンド

 

かなり大きいです。

 

ビックリします。

 

 

 

ビックリしすぎて

 

もはやビツクリします。

 

 

 

コーギーくらいの大きさだと思っていただけると

わかりやすいかもしれません。

 

 

 

こういった風に

スタンダード・ダックスフンドや

 

スタンダード・シュナウザー

 

スタンダード・プードル

 

 

などの犬種本来のサイズがあり

そこから小型化されたのが

 

トイ・プードルやミニチュアシュナウザーやダックスフンド

 

 

 

大型から小型化していくのは

よく耳にすることかと思います。

 

 

 

 

ですが僕たちもよく知っている動物で

 

実は小型から大型化した動物がいます

 

 

その動物とは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カバです

 

 

 

 

 

意外でしたか?

 

 

ミニチュアもスタンダードもついていないのにね。

 

 

 

 

カバはあんなに大きな体をしていますが

元々は小さかったんです。

 

 

 

その名もコビトカバ

 

このコビトカバ、カバが小さくなったのではなく

コビトカバが巨大化してカバになったそうです。

 

 

 

コビトカバは森や川の近くなどに住んでいて

その小さい体だからこそ林の中で小回りが利きますし

天敵に見つかりにくいという特徴があります

 

ですが食料などを求めて

視界の開けたところに移動していくうちに

体が大きくなり天敵からも襲われることが減ったため

生き残ることができるようになったと言われています

 

※諸説あり

 

 

 

いやー

動物って面白いですね。

 

 

カバは獰猛な性格で知られていますが

コビトカバはかなり警戒心が強く

夜にしか姿を見せませんし

物音がしただけでその場で警戒態勢を取ります。

 

 

環境が違えば同じ種でもここまで違うんですね。

 

 

 

楽しすぎて話過ぎてしまうという。

 

 

 

 

 

本題はカニーンヘン・ダックスフンドです。笑

 

 

ぜひ、一度見にいらしてください♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です